買取してくれるところがないか探してみたら

父が亡くなり、遺品整理をするにあたって一番の難関趣味だったカメラであることはあらかじめ予測がついていました。
しかしながら、父がどのくらいカメラ関連の品を持っているかを具体的に知っていたわけではなかったこともあって、遺品整理に取り掛かってみてその数の多さに愕然としました。
実際に見てみるまでは、子や孫、甥や姪で欲しい人がいれば、もらってくれたら片付いてありがたいと思っていましたが、一眼レフカメラの交換レンズだけでもさまざまな種類があり、ミラーレス一眼が登場した今の時代、レンズを交換してまで写真を撮りたいというようなマニアな人は親戚中に一人もいなかったのです。
そこで、インターネットでカメラ買取と検索してみたところ、有名なカメラショップが中古カメラ及び、レンズや三脚などの関連商品を買取していることがわかりました。
電話をしてさらに確認したら、特に予約などは必要なく、いつでも持ち込んでくださいということです。
まさか買取しているとは思っていなかったのでいいところが見つかったと喜びつつ、査定額については期待しないようにしています。